注意点の把握と価格の相場を知ることで安心の新築物件購入へ

東武東上線の物件

屋根裏部屋と望遠鏡

都心にダイレクトにアクセスできることや価格が割安なことから、東武東上線沿線の新築物件は大人気である。特に3000万円以下で購入可能な新築一戸建て住宅が多いので、初めて不動産を購入する人にも最適である。また賃貸からの住み替えを検討中の人が選ぶ物件も、東武東上線沿線の一戸建て住宅である。そして都心までの通勤時間が40分程度の非常に便利な場所であっても、5000万円前後の物件を選ぶことが可能である。しかもカースペース付きの物件を選べるので、自家用車での通勤を検討中の人にもぴったりである。また住宅ローンの金利水準も非常に低いので、自己資金が少ない人であっても東武東上線沿線の物件は購入しやすいのが魅力的であろう。

東武東上線は地下鉄との相互乗り入れで非常に便利になったので、最近では非常に注目されている沿線である。しかしずっと昔から池袋駅に直接アクセスできるメリットを生かして、沿線の各地で大規模に開発が行われてきたのが特徴的である。とりわけ低価格帯の一戸建て住宅の販売で業績を上げた業者も多く、子育て中の世代が積極的に購入したのがその当時の状況である。しかし現在では新築一戸建て住宅を選ぶときの基準も大きく変わり、沿線の中でも都心に近い地域の物件の人気が急上昇中である。そのために売れ筋の新築物件の多くが、都心まで通勤時間1時間圏内という点が特徴的であろう。また建築技術が発達したので、現在では三階建て住宅が最大のヒット商品である。