注意点の把握と価格の相場を知ることで安心の新築物件購入へ

不動産の売却

尖った屋根の一戸建て

任意売却は競売にかけられるよりは、圧倒的に有利です。競売だと市場価格よりも随分と安い価格で売買されますし、売却時期も指定できません。近所にも知れ渡ってしまいます。残債の一括返済ができない以上は任意売却するしかないでしょう。しかし売却してしまうと引っ越しをせざるを得ません。しかし引っ越し費用もかかります。売却代金から引っ越し費用を出せるという話もありますが、これは交渉次第です。最近では債権者側がこうした費用を差し引くことに同意しない傾向があります。さらに職場や子供の学校のこともあり、遠方に引っ越すことが難しければ近所への引っ越しとなります。これだと結局は周囲に事情がわかってしまうでしょう。こういったことから、できれば同じ家に住み続けたいと思う方が多いようです。 では任意売却後も同じ家に住むことは可能なのでしょうか。

任意売却した家にそのまま住み続けることは可能です。そのためには任意売却専門業者の中でも買取を行っている業者に依頼することです。任売業者のすべてが買取を行っている訳ではありません。 買取業者では債権者と交渉して任意売却の承諾を得、そのうえで業者が買取をします。家は買取業者の所有になります。債務者にとっては、売却できたことで残債が大幅に減ります。そして買取業者と賃貸契約を結ぶ形で住み続けることができるのです。家賃は住宅ローンの支払い額より低く設定してありますので無理なく支払えるでしょう。そうして賃貸で住み続ける間に資金が出来たり、お子様名義でローンが組めるようになった場合には、その家を買い戻すこともできます。 同じ家に住み続けるなら、周囲には事情はわからいでしょうし無駄な引っ越し費用もかかりません。 精神的にもダメージが一番少ない方法と言えるでしょう。